摂食障害情報センター

あなたのカレは、摂食障害を受け止めてくれる人ですか?

摂食障害は、1度発症すると数年〜数十年に渡って
心と身体を蝕んでしまう厄介な病気です。
人によっては、学校や仕事にも行けず、
まともな社会生活が送れなくなってしまう人もいるでしょう。

 

摂食障害の方の中には、
「私は摂食障害だから、結婚なんて無理だろう」
と恋愛や結婚を諦めてしまう人も多いようです。

 

しかし、摂食障害だろうがそうでなかろうが、
結婚できるかどうかなんてその人次第ですよ(笑)
恋愛をきっかけに摂食障害から脱出する人もいますし、
逆に、恋愛や結婚をきっかけに摂食障害を発症したり
症状が悪化してしまったりするケースもあります。

 

結婚した旦那さまが支えてくれたおかげで
過食嘔吐の地獄から脱出することができたという人がいる一方で、
好きな相手に振り向いてもらおうとして始めたダイエットがきっかけで
摂食障害になってしまったり、
好きな人に振られたショックで拒食や過食になってしまったり、
結婚後にDVや離婚などを経験したことが摂食障害の引き金になってしまったり、
恋愛・結婚の相手に摂食障害のことを隠して過食嘔吐を続け、
どんどんエスカレートしてしまったり…。

 

いずれにしても、好きな男性の存在が
女性の心に大きな影響力を持っていることは確かなようです。

 

あなたは、恋愛や結婚の相手にどこまで本当の自分をさらけ出せますか?
また、相手はどこまであなたを受け止めてくれるのでしょうか。

摂食障害でも結婚して子供を産めるの?

摂食障害、特に拒食症の場合、
「生理が止まってしまう」という症状があります。
十分な栄養を摂っていないわけですから、当然ですよね…。

 

生理がなければ、当然、結婚しても子供を授かることはできません。
結婚して子供を産みたいと思うのならば、ホルモンのバランスを整えて
赤ちゃんを産める身体に戻す必要がありますよね。

 

婦人科に通って治療を受けることも大切ですが、
まずは心の問題を解決して摂食障害を克服する必要があるでしょう。

 

…こんな風に言ってしまうと、
じゃあ、摂食障害の人は結婚したり妊娠したりする権利がないってこと?
と誤解してしまう人もいるかもしれませんね。
その答えは、No!です。

摂食障害でも、幸せな人生を諦めない!

実際、過食嘔吐をしていても、
健康で元気な赤ちゃんを産んでいる方はたくさんいます。

 

結婚する時は拒食症で生理が止まっていたとしても、
旦那さまとの幸せな生活の中で心身が満たされていれば
生理が自然と戻ることもあり得ます。

 

ですから、「摂食障害だから結婚できない」
「摂食障害だから子供が産めない」と悲観する必要はありませんよ☆

 

ただ、結婚して子供を産んだ後も過食嘔吐が続いているようだと、
嘔吐の為に赤ちゃんをほったらかしにしてしまったり、
過食仲に泣かれてイライラしてしまったり、
子育てのストレスから過食嘔吐が悪化してしまったり…と、
自分にとっても赤ちゃんにとっても好ましくない状況に陥りがち。

 

一人で悩まず、専門機関に相談したり、
悩みを打ち明けられる場を見つけたりして心の風通しを良くしましょう。

 

たとえば、こんな無料相談もあります。
解決のためのヒントが見つかるかもしれませんよ

 

http://blog.goo.ne.jp/eatingdisorder_1978/

摂食障害でも結婚・出産を諦めない! 関連エントリー