摂食障害情報センター

苦しんでいるのはあなただけじゃない!

摂食障害は、それまで当たり前のように食べていた食事を
普通に食べることができなくなってしまう病気。

 

「食べると太る」の呪縛から抜け出せずに食事を拒否し続けて
ガリガリに痩せてしまう人もいれば、
自分で食べる量をコントロールできなくなって食べ過ぎてしまう人もいます。

 

「こんな自分は異常なんだろうか」
「もう一生、普通に食事ができないんじゃないだろうか」
という孤独感から、精神的にどんどん追い詰められていくケースが多いようですが、
そんな時に参考になるのが摂食障害を患った人の体験談です。
インターネットで調べると、数多くの体験談がヒットします。

 

摂食障害で悩んでいる本人や、摂食障害の患者を支えている家族や周囲の人。
摂食障害の体験談を読むことで、摂食障害という病気の実態や
患者との接し方、サポートの仕方などを学ぶことができるでしょう。

 

また、「こういう場合はこんな風に考えると気持ちが落ち着く
私はこうすることで摂食障害を克服できた
といった体験談を読むことは、
本人にとっても病院での治療以上の効果をもたらす場合もあります。

 

ただ、注意して欲しいのは、一言で摂食障害といっても、
人によって根本的な原因や回復までの期間が異なるということ。
体験談の著者と自分を比べて、焦ったり、
過度の期待をしてしまったりするのはやめましょう。

例えばこんな体験談があります

辛い体験は、文章にすることによって乗り越えられる場合があります。
文章として書き出すと自分の気持ちを整理することができますし、
自分の内面を客観的に見ることができるのです。

 

摂食障害も然り。
ネットでは、自らの摂食障害を体験談として公表している人がたくさんいます。
例えば、次のようなサイトがありますので、
参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

◆摂食障害の体験記◆
こちらは、多くの人に寄せられた体験談を「原因」や「気づき」、
「今の生活」などカテゴリー別に分けて紹介しているサイトです。
1900もの体験談が登録されていて、様々な方の体験談を読むことができます。

 

過食嘔吐のリアルな体験談を告白している人も多いようですが、
「これから一歩一歩頑張ります」「気長に頑張ってみます」
といった前向きな気持ちで摂食障害と向き合っている方が多いので、
心が折れそうになったらぜひのぞいてみると良いでしょう。

 

 

◆摂食障害(拒食症・過食症)を生きて◆
摂食障害を体験した管理人が、個人的な体験談のほかに、
病気や治療法についても紹介しているサイトです。
高校生での摂食障害発症、不登校、高校中退、大検、大学生生活、
社会人になって…と時間を経るにつれて変化している
気持ちや摂食障害の症状を非常に丁寧に綴った体験談!
痩せるか死ぬかしかないと思っていた」といった、
リアルな感情をありのままに書いています。
管理人は約10年の年月を経て回復に向かっていったようですが、
その間支えてくれた母親との関係性についても学ぶところが多いサイトです。
一人の方の摂食障害体験を1から10まで読みたいという場合は、
こちらがオススメ!

摂食障害の体験談を読んでみよう 関連エントリー