摂食障害情報センター

過食症にもタイプがある

過食症は、拒食症と並ぶ摂食障害の症状の一つ。
また、同じ過食症でも、その症状には様々なタイプがあります。

 

一つ目は、“過食”のみのケース。
自分で食事の量をコントロールできず、
身体は満腹であるにも関わらず食べ過ぎてしまう場合です。

 

二つ目は、“過食嘔吐”をするケース。
人にもよりますが、胃がはちきれんばかりに食べ、
その後で食べた物を吐くのです。

 

トイレにこもって、指を喉に突っ込んで…。
想像するだけで苦しそうですよね…。
しかし、過食嘔吐が常習化している摂食障害患者は、
そんな苦しい行為を毎日でも繰り返してしまうんですよ。

 

底なしの食欲と、どれだけ食べても満たされない心。
その孤独の深さは、計り知れないものがあります。

 

また、過食嘔吐だけではなく、下剤や利尿剤、浣腸を服用して
食べた物を体外へ排出しようとする人もいます。
体重の増加を防ぐために行われるこのような不適切な行為は、
専門家の間では“代償行為”と捉えられているのだとか。

 

つまり、“食べてしまった代償”として
吐いたり下剤を飲んで排出したりしようとするわけです。

過食嘔吐によるダメージとは

摂食障害の症状の一つである“過食嘔吐”は、
嘔吐する際に胃液を排出するため、
血液中の電解質(塩分)が欠乏してしまいます。

 

電解質が欠乏すると、空腹感と過食衝動が強まり、
結果としてさらなる過食嘔吐を導くことに。

 

また、なかには嘔吐することに対して恍惚感を感じるケースもあり、
そのために過食するという患者さんもいるようです。

 

そのため、治療の順序としては、過食よりも先に
嘔吐を止めることを優先するのが一般的です。

 

加えて、過食嘔吐は、身体はもちろんのこと
“心”に大きなダメージを与えます。

 

過食をする→肥満に対する恐怖心や
「食べてしまった」という自己嫌悪感が強まる→
「吐いて出さなくては」という強迫観念につながる…という悪循環。

 

「食べ過ぎてしまうのではないか」という不安から
人前で食事ができなくなってしまうケースも多く、
引きこもりの原因になることも少なくありません。

 

逆に「人前だと思い切り食べられない」という理由から、
人と食事を共にすることを拒むようになる傾向もあります。

 

こうして社会との接点が失われていくことも、
摂食障害の問題の一つなのです。

過食嘔吐を克服するためには

摂食障害は、健全な食生活を営むことができなくなってしまう病気。
特に過食嘔吐は、心身に甚大なダメージを与えます。

 

ここでは、過食嘔吐を克服するためのポイントについて
ご紹介しましょう。

 

 

■摂食障害の自分、過食嘔吐する自分を責めない
過食嘔吐する自分を責めることは、
「またやってしまった」という罪悪感や敗北感、
「自分はやっぱりダメな人間なんだ」という無力感を
ますます強めることになってしまいます。
自責の念に比例して気持ちの落ち込みも強くなってしまいますので、
過食嘔吐してしまう自分を責め過ぎるのは考えもの。
「またやっちゃった〜」と軽く流せるくらいの余裕があると良いですね。
それから、「自分は摂食障害なんだ」と思い詰めるのもNG!!

 

 

■ 過食嘔吐の回数を減らす
 「絶対にもうやらない」と決めるのではなく、
とりあえず回数を減らすことから始めてみましょう。
言ってみれば、禁煙と同じ発想。
いきなり「吸わない」と決めても、これは無理な話です。
摂食障害のように、“心”の問題が絡んだ病気は
治療に長い時間がかかるのです。ここは気長に構えましょう。
「今週は今回だけにしよう」「今日はこれくらいで止めておこう」と、
少しでもブレーキがかけられるようになれば、それだけでも大きな進歩!
一歩前に進むことができた自分を褒めてあげましょう。

 

 

■過食を未然に防ぐアプローチ
過食嘔吐するのは、部屋に十分な量の食料があるからです。
そこで、「食べ物を部屋に置かない」
「買い物に行く時は必要以上のお金を持たない」
「コンビニがある道を通らない」
…などの対策をとってみてはどうでしょうか。
最初は我慢できずにコンビニに走ってしまったりするかもしれませんが、
一度我慢できれば徐々に衝動はおさまっていくハズ。
時間を忘れるほど熱中できる趣味(読書、日記、インターネット、
ゲーム)を見つけることも効果アリ!
完全に止められなくても、回数を減らせたら良しとします。

 

 

■ 過食衝動を数分我慢してみる
「食べたい」「吐きたい」という衝動が生じた時、
試しに数分我慢してみてください。
その時、自分の中にどんな感情が生まれるのか?
自分の身体がどんな風に変化するのか?
…きっと、新たな発見があるハズですよ。
今まで「絶対に我慢なんてできない」と思っていただけで、
実際に我慢してみると、その衝動は意外とすんなり
落ち着くものなのかもしれません。
ダメで元々!一度、トライする価値はあるのではないでしょうか。

 

過食嘔吐は摂食障害の症状の一つ 関連エントリー